« NY銅相場 | トップページ | NY銅相場 »

2009/10/27

銅相場情報

6:34 2009/10/27

おはようございます。

外国為替NY(今)、
ちょい円安気味。
LME銅、35ドル上げ。
後場、65ドル下げ。
銅在庫、+1,775トン。
NY銅、2セントと半分下落。
LME銅建値計算値66万円。
LME後場銅建値計算66万円。
NY銅建値計算値66万円。
為替が円安気味で
相場を助けている感じです。
銅建値まだ2万円上げ余地です。
今朝のNY銅グラフ見てびっくりです。
急激な下げグラフでした。
何かあったのかなあと心配です。
(原油相場の急落が原因)
中国筋は住宅用途で
砲金関係を欲しがっているようです。
昨日の日経+79.63円。
アジア株は小幅続伸。
ロンドン株50.83ポイント安で終了。
米国株続落、ダウ104ドル安、
原油安受け素材株下げ。
自分自身で感じ取らないとダメという話。
新聞でも良いというコメント、
原作者も誉めている、
私も小説を読んだので
観に行きたいと楽しみにしていた。
でも実際は?
私は封切りの様子は見ていません。
でも勢いがあったり
皆が良いと判断していれば
この空席の現状はおかしいわけです。
そして途中退席の人もちらほら。
今、劇場で人が入らなくても映画は
DVDのソフト市場で利益を出せばいい
そんな状況になっているのかもしれません。
コマーシャルの仕方、
お金のかけようで人を先導しています。
自分の感性で物事を正確に判断すること
これから一番大切になってきます。
情報の共有化、情報の洪水化にの呑み込まれない、
整理しセレクトする能力が問われます。
一般に映画は小説を超えられないといわれます。
私はそうとも言えないと思っています。
現に脚本や監督によっては
原作よりもすぐれた作品を出している事がある。
要は妥協したらおしまいです。
仕事も作品創りと同じだと思います。
制約もあるから知恵や工夫も生まれます。
次に観た映画が大いに感動したので
ストレスをためなくて良かった週末でした。
でも残念でした、
やはり人の入りが極端に少なかった。
映画文化を少しでも活性化したいと
微力ながら毎週観に行っている私です。

私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
銅相場情報+(プラス)

|

« NY銅相場 | トップページ | NY銅相場 »