« NY銅相場 | トップページ | 東京非鉄経済研究会発表 »

2009/10/24

銅相場情報

6:30 2009/10/24

おはようございます。

外国為替NY(今)、
円安92円台。
LME銅、74ドル上げ。
後場、18ドル下げ。
銅在庫、+3,000トン。
NY銅、3セントと半分上げ。
LME銅建値計算値66万円。
LME後場銅建値計算66万円。
NY銅建値計算値66万円。
銅建値2万円上げ余地ですね。
原油も80ドル台。
まことしやかに
この間の水準まで行くのでは?と
8,000ドル越え?行きますか?
鉄は既に下がっています。
中国での生産過剰気味。
銅にいたってもそうなる気が
しないでもないんですけれどね。
昨日の日経+15.82円。
アジア株はまた反発です。
ロンドン株35.21ポイント高で終了。
米国株、ダウ109ドル安。
私が中学の頃
どうしても欲しかったのが
トランジスターラジオ。
お金を貯めて買ったのが
4,000円の松下のAMラジオ。
20年くらい現役でしたね。
次が働き始めでローンを組んで
ステレオシステムをそろえます。
アンプ、スピーカー、ターンテーブル
チューナー、カセットデッキ。
しまいにオープンリールデッキまで、
ローンが5年続きました。
もうこれでローンはこりごりと
学習することになります。
お金は貯めてからが信条に。
日本は豊かになりました。
今でこそ稼げない就職難
景気が悪いといってますが
よその国からみれば天国でしょう。
私もこれといってどうしても
今欲しいものはありません。
生活に必要なものだけ
消費されるものだけでしょう。
国内向けでの製造業も
転換期といえば
そうなのかもしれません。
着るものだって
年がら年中買いには行きません。
今後国内では消費か娯楽なのかと
心豊かに生活するためにはね。
お笑いブーム、落語ブーム、
演劇ブーム、追っかけブーム。
中高年がお金を使っています。
質の良い娯楽は必要だと思います。
もちろんスポーツもそうですね。
たまたま私は読書と映画。
消費に貢献しているとは言えません。
生活感の向上で如何に
国内向けの需要を喚起できるか
これが問題でしょう。
日本の内需拡大のために
何をしたらいいのか?
何を望んでいるのか?
何でさらなる発展が得られるのか?
まっ、そのためには
働く意識から変化しないと
いけないかもしれません。
働くことが楽しい!
そう思わないことには
何も変化は生まれません。
根本はそこにある気がします。
平和ボケなんでしょうね。
さあ今日も一生懸命に私は
楽しく仕事しましょうっと!
そして夜は銀座に映画か!

私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
銅相場情報+(プラス)

|

« NY銅相場 | トップページ | 東京非鉄経済研究会発表 »