« NY銅相場 | トップページ | 銅建値1万円上げ »

2009/09/10

銅相場情報

5:59 2009/09/10

おはようございます。

外国為替NY(今)、円高92円間際。
LME銅、50ドル下げ。
後場、も50ドル近く下げ。
銅在庫、+1,250トン。
NY銅、3セント近く下げ。
LME銅建値計算値64万円。
LME後場銅建値計算64万円。
NY銅建値計算値64万円。
銅建値2万円上げ含み。
為替がとうとう92円ちょうど際。
各国が景気回復期待という割には
円高進行はどうもげせさません。
何かのシグナルだと思いますが。
アジアの独歩高は心配で要注意。
実際、消費大国だった米の消費激減、
これがどこかで必ず作用します。
昨日の日経-81.09円。
アジア株は上海続伸、香港反落
ロンドン株56.96ポイント高で終了。
米国株、ダウ49ドル高。
「価格破壊」城山三郎:著
読み終わりました。
あるスーパーを模した感じで、
そして成功しているところまでの物語。
日本の高度成長を実に良く
表した小説でためになりました。
現実はメガスーパーまで行き
借金がかさんで方向転換。
インターネットも台頭し
ロングテールがもてはやされ
最近は価格破壊、デフレスパイラル。
企業自身も血を流すありさま。
統合、合併、吸収、
資本増強が戦略戦術となる。
お金のだぶつきでは
本業を離れ
投資投機に走り失敗もする。
最近では農業も
法人化、大規模化。
本でも言っていたフレーズ、
価格は消費者が決める。
はたして大量生産が
良いのか?悪いのか?。
日本は付加価値でGDPを
押し上げてきました。
高付加価値で発展してきた国です。
薄利多売ではたして今後の発展は?
安売りでも実際、
高付加価値にしているところが
生き残りに成功しています。
これも当然といえば当然。
そうでなければ成り立ちません。
薄利多売でも高収益、
またはオンリーワン企業。
これっきゃないわけです。
本業について寝ても覚めても
考えていることが大事、当然。
そしてそれの限りない継続でしょう。
はたして皆さんそれが
出来るかのなあ~?!
結局、出来る人だけですよね。
変化についていける人たちってね。

私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
銅相場情報+(プラス)

|

« NY銅相場 | トップページ | 銅建値1万円上げ »