« NY銅相場 | トップページ | 週間銅相場 »

2009/09/19

銅相場情報

6:23 2009/09/19

おはようございます。

外国為替NY(今)、
ちょい円安。
LME銅、71ドル下げ。
後場、あまり変わらず。
銅在庫、+3,325トン。
NY銅、11セント近く下落!。
LME銅建値計算値62万円。
LME後場銅建値計算62万円。
NY銅建値計算値61万円。
NY銅ドルベースなら240ドル急落。
グラフ見ていると
持ち上げようとするも
下がってしまう感じ。
LME銅在庫もここのところ増加のみ。
為替もある意味、落ち着き気味。
金や原油も大きな動きはなし。
やはり気になるところは
株価なんでしょうかね。
どれが作用して
どれが動くというのではなく
今の相場は株高に支えられている
なんの根拠もなく薄っぺらでしかない
そう感じていますけれど。
昨日の日経-73.26円。
アジア株は上海大幅反落。
ロンドン株8.94ポイント高で終了。
米国株、反発 ダウ36ドル高。
ロシア経済の悪化、
ユーロ圏の経済悪化、
米地方銀行破綻、
日本は消費者金融の破綻で銀行危機、
アジア圏も賃金上昇、物価上昇。
今何で救われているかって株高です。
これがこけたら大変なことになります。
って言うかこれに頼っていることがおかしい。
日本のバブル、リーマンの教訓で
土地への投機より株への投機
株高を演出すれば皆丸く収まる。
これが学習結果でした。
そしてその通りに誘導をしている。
うまくいっているかのように思われる。
でもやはり今までのツケや歪みは
こんな事では解消できない。
反対にとんでもなく増大しているかも。
いつかは支えられなくなっての崩壊。
ある筋ではもう逃げられないと
言っているふしもあるとか。
金融の魔力に押しつぶされる。
地道な人は影響をあまり受けない。
商売上は不況になるでしょう。
人間生きて行くには根本は変わらない。
金融システムが変化再編されるだけ。
ただやはりパニックは起きるでしょうね。
日本は今日から連休です。
中国も10/1から国慶節で1週間休み。
事を起こすなら
まずこの時期でしょう。
注意しながら見守りたいと
思っています。

私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
銅相場情報+(プラス)

|

« NY銅相場 | トップページ | 週間銅相場 »