« 銅相場情報 | トップページ | 銅相場情報 »

2009/01/15

銅相場情報

6:44 2009/01/15

おはようございます。

外国為替NY(今)、88円台突入!。
LME銅、135ドル上げ。
後場、80ドル近く下げ。
銅在庫、+7300。
NY銅、6セント近く下げ。
LME銅建値計算値35万円。
LME後場銅建値計算値34万円。
NY銅建値計算値34万円。
為替はとうとう88円台突入!
銅建値計算は上げ幅がしぼんでしまいましたね。
銅建値の改定はまたまた見送りでしょう。
期待は膨らむのになかなか現実にならない。
実際メーカー筋は納入を相当絞っている様子。
まあ、発生量も相当落ち込んでいますけどね。
変な意味で均衡しちゃっているとも。
為替が心配です、たががはずれて、
また一気に円高ドル安に進んでしまうのか?
昨日の日経+24.54円、低調って事でしょう。
アジア株は反発上昇。
ロンドン株218.51ポイント(4.97%)安で終了。
米国株、下落、ダウは3カ月ぶり6日続落-248.42。
小売売上高が市場予想以上に悪化、
個人消費の低迷が明らかで下げ加速と。
カナダの通信機器大手ノーテルが破産、
シスコシステムズなど関連銘柄が下げ、
ネットをやっている者として気になります。
ある社長との会話で私が、
こんな時期に危ない会社や個人に
お金を貸しても戻って来ないから
無駄になってしまうのではないかと話しました。
その社長曰く
借りたお金で前の借金を返す、生活費に充てる。
お金は銀行に戻るし、消費には回るから、
貸す大儀も立つし、ある意味遠巻きに銀行も助ける。
オー、っと私は変に納得してしまいました。
お金をジャブジャブ流通させる、
定額給付金もある意味お金を使わせるため。
タンス預金ばかりでは世の中、成り立たない。
お金は使ってこそ意味をなすもの。
お金持ちの無駄遣いも大いに意味がある。
だからバブルをこせば皆が潤う仕組みに。
でもそれが行き過ぎると反動も大きい。
お金を停滞しないような流通の仕方、
そしてタンスにしまわせない心理誘導、
気持ちとお金の二刀流で
この難局を乗り切らせることでしょうね!

私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ

|

« 銅相場情報 | トップページ | 銅相場情報 »