« 週間銅相場 | トップページ | 銅相場情報 »

2009/01/27

銅相場情報

6:25 2009/01/27

おはようございます。

外国為替NY(今)、ちょっと円安。
LME銅、230ドル上げ。
後場、約200ドル上げ。
銅在庫、+14800。
NY銅、11セントと半分上げ。
LME銅建値計算値35万円。
LME後場銅建値計算値36万円。
NY銅建値計算値36万円。
今日の外電を真に受けるなら
銅建値3万円上げの36万円計算なんですが、
銅在庫は5桁増加!44万トンに迫る。
テクニカルなことが起こったやも?
先物の買い戻し?(私の勝手な推測)
原油はあまり変化していません。
底確認の合図ならいいんですがね。
昨日の日経-63.11円。
アジア株は春節入り。
ロンドン株156.54ポイント高で終了。
米株は+38.47。
昨日のテレビで政府発行券という話が、
今のお札は日銀が印刷して発行。
500円玉以下は政府が発行だという。
変な話500玉を大量に作って
借金を棒引きにしてしまう手もあるとか。
円安とインフレを招く可能性が大!
麻薬的性格の方法論が実は存在すると。
100年に一度のとんでもない状況、
これはゆっくりかまえていたら
それこそとんでもないことになると。
カンフル剤は必要、
劇薬であっても構わない、
そんな論議が出てくると、
奥の手を使う可能性が…。
ある人がハイパーインフレの前兆、
これに向かって突き進んでいると。
インフレで物価が上がり
お金の価値がドンドン下がる。
でも屑屋はその点いい商売なのだと。
この間の高値で恩恵を受けたように
商品の価格が上がれば儲けにつながる。
商品価値の恩恵を直接受られる商売。
悪くなっても決して止めてはいけないと。
必ずインフレはやってくると予言。
政府はいろいろな施策を考えてるのでしょう。
庶民は従うしかないのかもしれません。
自己防衛といっても
根底から変わってしまってはどうにもできない。
国には先の安心と保証はきっちり
やってもらわないといけないと思います。
安易な策には走ってもらいたくはないですね。

私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ

|

« 週間銅相場 | トップページ | 銅相場情報 »