« 電気銅LME対比グラフ | トップページ | 銅相場情報 »

2009/01/20

銅相場情報

5:29 2009/01/20

おはようございます。

外国為替NY(今)、あまり変わらず。
LME銅、ちょっと下げ。
後場、ちょっと上げ。
銅在庫、+2150。
NY銅、休み。
LME銅建値計算値36万円。
LME後場銅建値計算値36万円。
NY銅建値計算値?万円。
昨日、銅建値1万円上げの35万円に改定。
何はともあれ上がったことには感謝。
相場の底値を確認ならいいんですが。
相変わらず銅在庫は4桁増加、幅は縮小。
原油もまた下がっている様子。
銅グラフでは底値の感じにも見えますが、
情勢の変化によってはまだまだ予断を許さない。
昨日の日経+26.70円。
アジア株は上昇、続伸。
ロンドン株38.59ポイント安で終了。
ゴールドマンの原油価格見通しが
第1・四半期が1バレル=30ドル、
第4・四半期には同65ドルに回復すると。
銅相場が原油と連動性があるのなら
秋以降は相場に期待が持てますけれどね。
相場もあまり高くなりすぎては困りもの、
かといって安すぎるのも問題、
やはり生産者価格は重要なところ。
日本のバブル時同様、米も不良資産買取、
これでけじめをつけて再生への切り返しと。
ズルズルと伸ばすことは
何においても良くないことかもしれない。
いったんチャラにする!
これが一番大事なことかもしれない。
収入が減ると言うことは支出も減らすと言うこと、
借金をして延命は努力ではない、安易な考え、
そのうち好転するだろう、甘い考えだ。
国の政策は多少違うだろうが、
先を見据えることについては、
もっと大胆に、そして敏速に!
相変わらず竹中さんは良い事言っているのにね!
結局、庶民は自己防衛に終始してしまう。
もっと底の方からうねりをおこさないと!

私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ

|

« 電気銅LME対比グラフ | トップページ | 銅相場情報 »