« 2005年(平成17年)と2006年(平成18年)の対比グラフ | トップページ | 週間銅相場 »

2008/10/18

銅相場情報

6:27 2008/10/18

おはようございます

外国為替NY(今)、変わらず。
LME銅、180ドル近く下げ。
後場、140ドル近く上げ。
銅在庫、-575。
NY銅、8セントとちょっと上げ。
LME銅建値計算値52万円。
LME後場銅建値計算値54万円。
NY銅建値計算値53万円。
昨日、銅建値6万円下げの51万円に改定!
予想していた幅以上の下げでした!
皆さん面食らったでしょうね。
悲壮感が漂ったでしょう。
ある程度の歯止めがかかるのでは
そんな期待がありましたからね。
踊り場でもないといった感じかも。
下げトレンドは変わらずと言ったところか。
昨日の日経反発しましたね+235.37円。
アジア株、上海は反発、他は続落。
ロンドン株201.6ポイント高で終了。
米国株、ダウ127ドル安。
原油も71ドル台でガソリン安くなる期待。
何か新たな問題が出ていますね。
「CDS」損失リスクだそうです。
いわばCDSとは債権への保険のような性格。
元本支払いを保証するデリバティブ(金融派生商品)
6月末の取引残高は54兆ドル(約5400兆円)
これがサブプライムと同じように
飛び火したら大変な事態に、
その可能性は計り知れない。
考えつく頭がいいのも善し悪しです。
恙なくいっているときは配当でウハウハ、
でもいったんこけ出すと元本そのものが破綻。
こうなると準備もヘッタクレもないですね。
さしあたり私たちは非鉄屑の暴落の行方。
中国があてにならない様子です。
誰かにすがるなんて出来ないようですね。
じっと嵐が過ぎるまで待つしかない。
損失計上、そして停滞での努力を強いられる。
これからが本当の勝負のようです。
生き残りをかけたね!

私の発想
毎日更新楽天日記

|

« 2005年(平成17年)と2006年(平成18年)の対比グラフ | トップページ | 週間銅相場 »