« 週間銅相場 | トップページ | 銅建値3万円上げ80万円 »

2008/09/21

週間銅相場

7:07 2008/09/21

おはようございます。

先週は、

為替は、大きな幅で円安円高行ったり来たり。
LME銅相場は、15日大きく下げ建値3万円下げ。
銅在庫は、一服しながらも増加中。
NY銅、後半上昇。
銅建値16日に3万円下げて77万円に。
為替が円高に大きく振れて
更に銅建値下げの懸念もありましたが、
なんとか現状で踏みとどまり、
週明け円安に戻ったのと銅外電高で、
銅建値も80万円に戻す可能性が出てきました。
原油もだいぶ下がったんですが、
結局、104円台まで戻ってしまって、
金も上昇トレンド?な感じにも。
リーマンは潰してAIGは公的資金で救済。
証券業は潰して銀行や保険は救済。
直接、国民へ被害をこうむるものは救済。
ま、日本のバブル崩壊時と
シナリオは同じようになってます。
尚かつ資金供給は日米欧で大量供給。
また債権買取機構も同じような動き。
日本の失われた10~15年でしたが、
米は何年で解消できますか?
過剰な資金供給、金利据え置き、
やはりインフレの可能性が出てきます。
またどこかで安く借りたお金の運用で、
何かを引き起こすことでしょうね。
ものを生み出して労働の対価で経済発展、
これが健全で納得いくことなんでしょうが、
お金を印刷してばらまく行為は、
どこかで歪みを生んで破綻を招く。
お金を稼ぐ術をもう一度見直すべきでしょう。
庶民の戯言はどこにも通じないかもしれません。
ある限られた人たちで成り立っている経済ですから。
決められた枠組みでいかに人間らしく生きるか?
人間は振り回されることを嫌います。
自分の意志が働かないとストレスが溜まります。
自分らしく、人間らしく、
世の中、平和が何より!

私の発想
毎日更新楽天日記

|

« 週間銅相場 | トップページ | 銅建値3万円上げ80万円 »