« 銅建値対比グラフ | トップページ | 銅相場情報 »

2006/09/13

銅相場情報

6:15 2006/09/13

おはようございます。

外国為替NY(今)、少し円安
LME銅、変化なし
後場、ちょっと下げ
銅在庫、-1675
NY銅、4セントすこし下げ
LME銅建値計算値94万円
LME後場銅建値計算値94万円
NY銅建値計算値92万円
昨日銅建値4万円下げの94万円に改定!
一気の下げになってしまいました
今日の計算では建値に変かはない感じです
このまま落ち着いてくれればいいんですが
またここに来て道路が閑散
景気の冷え込みに関係していなければいいんですが
運転手の給料も以前より相当安くなっているとか
ここでもワーキングプアー現象が
新築住宅を購入できる人
それはしっかりした会社に勤めている人
自営業者には設備投資なら融資するけれど
住宅ローンはあまりお手伝いしていないと銀行員の弁
今は元金、担保はあまり関係なく返済能力だけだとか
世知がないといえば世知がない
実力主義といえば簡単なことだけれど
生きる望み希望まで削がれてしまっては
国自体の発展も望めないのではないでしょうか

●楽天日記(狂人のバカ発想)
http://plaza.rakuten.co.jp/kyoujin/

●私の発想
http://dou.cocolog-nifty.com/idea/

●E-mail
yoshiaki.arai@nifty.com

|

« 銅建値対比グラフ | トップページ | 銅相場情報 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11485/11875488

この記事へのトラックバック一覧です: 銅相場情報:

» 実需原則 [初心者への提言、外国為替FXの基礎知識]
かつて日本では、為替取引をするには実需の裏づけが必要であり、 銀行以外の投機取引は禁止されていました。 [続きを読む]

受信: 2006/09/13 23:08

« 銅建値対比グラフ | トップページ | 銅相場情報 »