2016年6月 6日 (月)

ふたりの季節

160529_154310


久々に小池作品を読みました。
私の高校時代を
思い出させてもらいました。
時代背景は違えども
今からその時代を
あらためて眺めると
切なさが込み上げてきます。
久々に青春時代を
リアルに思い出させてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月10日 (日)

秘密

201001102026000


実に面白いです。
作家の思考がよくわかります。
そして何と論理的なのかも。

文系と言われますが
作家ほど人間に対して
論理的な思考を表現しているものはありません。
それが想像上のことであっても
なんtと現実的であることかと。

女流作家の思考の奥深いこと。
これには参ります。
男には決して書けないこと。
だから私は女流作家が好きなのかもしれません。

☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月25日 (月)

青山娼館

200905172353000

小池作品には自殺がつきものですが
変な感じはありませんね。
ある意味、自然なことかとも。

人間対人間の物語は
私がやはり一番好で読みたいところ。
そこを綺麗に美しく読ませてもらえる。
それが小池さんの魅力かも。

題名からは別な期待も
先入観で持ちました。
導入部分が少し長めで
ちょっと間延びした感じでしたが
でも相変わらずの文章。
恐れ入ります。

小説の醍醐味は
変に現実からかけ離れすぎていないこと。
ありうる可能性との狭間の
距離感が微妙な所。

夢に出てきてもらいたいストーリー。
でも現実的にもありなのでは?
こんな微妙なところが良いですね。

☆☆



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

欲望

200811031558000

もうとうとう打ち止めになってしまいます。
小池作品大人買いした分が。
ちょっと拍子抜けしていることは否めません。
ストーリーが長くなりすぎているのも原因かも。
今まで結構読んでしまいましたからね、
読む順番もよくなかったかも。
また新作出たらば
小池作品は読んでみたいです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

無伴奏

200810131807000

小池さんの三部作
「無伴奏」「恋」「欲望」
そのはじめの作。

書きたいように書いたという小説。
こういう小説は作家は実に楽しいと
解説で石田さんが。

私との年代差、約7年。
学生運動のさなかを思い浮かばせてもらえる作品。
この当時の何とも言えないエネルギー。
何となく憧れでもあります。

小池さんを理解する上でも必要な一冊。
ルーツですかね。

☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 3日 (金)

虹の彼方

200810022116000

作家と女優の物語、
後半、ちょっとダラダラ感を感じましたけれど。
小池作品は品があって文章が美しくって
やはりいうことがありません。

ラストシーンは軽井沢で
これも小池さんらしい。
どう落ち着くのかと期待していたら
この方法をとりましたかと、
恐れ入りました。

恋愛はこうであるべきと。
結ばれる二人はこうであるべきと。

☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

浪漫的恋愛

200808241809000

まったくもって
素晴らしい作品だと思います。
言葉が綺麗!文章が綺麗!
大人の恋愛を
よくぞここまで表現したなあと。
感服!
よりいっそうファンになりました。

☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月29日 (日)

蜜月

200806291935000

読んでいて魅せられてしまいました。
実に良い小説。
人を好きになると言うことはこういう事かと。
全てが全てではないとは思いますが、
文章として読むと実におもしろかった。
いい1日を過ごせました。
読書バンザイ。

☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

夏の吐息

200806230643000

6編の短編集。
これもすごい!
小池ワールドです。
至極の短編。
空想に浸れます。
頭の中で同じような恋愛を経験。
短編の妙です。

☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 6日 (金)

200806052234000

「闇夜の国から…」を読んでいて、
どうしても読んでみたかった本、
直木賞作品です!
さすが!
と、言うしかないです。
すばらしい!
構成、内容、物語性、
どれをとってもうなります。

やられましたね!
最後の所もこう落とすかと言うほど、
完璧じゃないですか。
物語が作家に下り立ってきたと言ってますが、
この作品はある意味、
書くべくして書かされた作品。
そんな不思議さも感じました。

☆☆☆


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

さだまさし | サタミシュウ | ノウハウ | パソコン・インターネット | ビートたけし | ベルンハルト シュリンク | 万城目学 | 三上 延 | 三島由紀夫 | 三崎亜記 | 三谷幸喜 | 上村佑 | 上橋菜穂子 | 中原中也 | 中居 真麻 | 中島京子 | 中川淳一郎 | 中村航 | 中澤日菜子 | 中脇初枝 | 乃南アサ | 乾 くるみ | 井上由美子 | 井上荒野 | 今野敏 | 伊坂幸太郎 | 住野よる | 佐々木譲 | 佐藤富雄 | 北川歩実 | 北村薫 | 北野武 | 原宏一 | 又井健太 | 又吉直樹 | 古賀茂明 | 司馬遼太郎 | 吉田みか | 吉田修一 | 吉田紀子 | 和田竜 | 唯川恵 | 垣根涼介 | 城山三郎 | 堀川アサコ | 堀江貴文 | 堀辰雄 | 夏川草介 | 夏目漱石 | 大石圭 | 天童 荒太 | 天野節子 | 太宰治 | 太田光 | 奥田英朗 | 安達千夏 | 宮下奈都 | 宮木あや子 | 宮沢賢治 | 宮部みゆき | 小山田浩子 | 小森薫 | 小池真理子 | 小説 | 山本兼一 | 山本文緒 | 島本理生 | 島田久仁彦 | 島田紳助 | 川上弘美 | 川上未映子 | 川北義則 | 川村元気 | 川渕圭一 | 川端康成 | 平山瑞穂 | 平野啓一郎 | 志水辰夫 | 恩田陸 | 文藝春秋 | 新堂冬樹 | 日記・コラム・つぶやき | 曽根 圭介 | 曽野綾子 | 有川浩 | 朝吹真理子 | 木村秋則 | 木皿泉 | 村上春樹 | 村山由佳 | 村田沙耶香_ | 東川篤哉 | 東野圭吾 | 松平豊子 | 松本人志 | 松本幸四郎 | 松浦弥太郎 | 林真理子 | 柴崎友香 | 桂望実 | 桐野夏生 | 桜庭一樹 | 桜木紫乃 | 梨木香歩 | 森浩美 | 森繁和 | 楡周平 | 横山秀夫 | 橋本紡 | 歌野晶午 | 水野敬也 | 江上剛 | 江國香織 | 池井戸潤 | 池波正太郎 | 河原れん | 沼田まほかる | 津村 記久子 | 浅田次郎 | 海堂尊 | 深町秋生 | 渡辺淳一 | 渡邉美樹 | 湊かなえ | 濱 嘉之 | 瀬尾まいこ | 熊谷 徹 | 版画 | 田中慎弥 | 白川道 | 白石一文 | 百瀬しのぶ | 百田尚樹 | 真山仁 | 真野朋子 | 矢月秀作 | 石井妙子 | 石原慎太郎 | 石田衣良 | 磯崎憲一郎 | 神崎京介 | 秋元康 | 秦建日子 | 窪美澄 | 立川志らく | 立川談春 | 筒井康隆 | 篠田節子 | 経済・政治・国際 | 結城充考 | 絲山 秋子 | 綿矢りさ | 羽田圭介 | 芥川龍之介 | 花房観音 | 茂木健一郎 | 萩原浩 | 萩生田宏治 | 蓮見圭一 | 藍川京 | 藤堂志津子 | 藤本ひとみ | 藤田晋 | 藤野可織 | 衿野未矢 | 西川美和 | 西村賢太 | 角田光代 | 誉田哲也 | 谷村志穂 | 赤染晶子 | 越谷オサム | 辻村深月 | 道尾秀介 | 重松清 | 野沢尚 | 鈴木おさむ | 長岡弘樹 | 長沢樹 | 関口尚 | 雫井脩介 | 青柳孝直 | 青柳恵介 | 青柳碧人 | 額賀澪 | 首籐瓜於 | 高嶋哲夫 | 高樹のぶ子 | 高野 和明 | 高野苺 | 鹿島田真希 | 麻生和子 | 麻生幾 | 齋藤孝