2014年5月23日 (金)

村上朝日堂

201405111159000


村上ラヂオ
村上ラヂオ2
と平行して読んでしまい
こちら先に読み終わって
しまいました。

村上さんの人となりが
多少なりにもわかることが
出来たような気がしています。

読んでよかった
なんとなくそう感じています。

不思議な本です。
何か力を与えてもらえているような
そんな感じの本です。

iMacを買わなくてはと
ふと思わせてくれました
本でもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 6日 (火)

螢・納屋を焼く・その他の短編

201405051626000


理解できる短編もあれば
全くの支離滅裂の作品も
でも何かわかりませんが
読みたいのですよね
投げ出せないのです
深みにはまるのです。
まだ私の行動の
訳がわかりません。
私の感性を
上げていくしかないのに
めげるどころか
挑戦を挑んでいるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 5日 (月)

東京奇譚集

201404232050001


突き抜け感が
私をわしづかみにします。
これが村上さんの
魅力なのかと。

短編の名手
それも変わている
いやいや変わっては
いないのかもしれません。

私にとっては
すんなりと腑に落ちます。
これからまた他の短編ものを
買いに行ってまいります。

これはヤバイです!
心を犯されたかも!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月21日 (月)

女のいない男たち

201404201356000


読み終えました。
実に面白かったです。
村上さんの短編が
こんなにも面白いものだとは
思いませんでした。

気難しい文面ではあるのに
能書きが多い文面ではあるのに
何故かこれほどまでに想像力を
かきたててくれるとは
思ってもいませんでした。

私好み!

そう思わせてくれました。
実に堪能できました。
週末をこの本だけで
充実させてくれました。
とっても感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

201304132117001


やっぱりこれが
村上ワールドなのでしょう!
引き込まれます
言いたいことがわかります
伝えたいことがわかります
想像を駆り立てられます。
なぜか自分に当てはまります。

とっても不思議な感覚に包まれます。
文章がすんなりと入ってきます。
村上作品は哲学なのかもしれない
惹かれます
魅せられます
取り込まれます
憑かれます。

不思議な感覚でいて
現実的でもあって
自分のことのようである
錯覚と現実の狭間を
行ったり来たりさせます。

何はともあれ
良かったですよという
結論でしょうかね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

1Q84 BOOK 3

201004190514000

前の2冊よりは
勢いを感じませんでした。
読んでいてテンションを維持するのに
四苦八苦でした。

前の2冊も
もしかすると
私のミーハー精神を
くすぐったがためかもしれません。

最後は天吾と青豆が結ばれます。
一抹の不安を残しながら
でも良い終わり方だとおもいます。

人を愛し続けて
信じ続けて
20年間
ロマンスです。

いまの世の中が
忘れかけていることですね。
問題提起をこのようなかたちで
表現したのだとおもいます。

読み終えられて
ホッとしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

1Q84 BOOK 2

200906212041001

先週から楽しませてもらいました。
感想は?って聞かれて、
何とも、とにかく本の中に
読み終わるまで引き込まれていた、
そう答えるしかない感じでした。

青豆と天吾の接点が見えてきて
それが徐々に深まる感じが
何とも言えまい切なさ不思議さ、
とにかく読んでいる時間、
空想の世界に私をとばしてくれていました。

本来、読書って
こういう感覚が持続することなのでしょう。
その瞬間瞬間を楽しんでいる。
それで良いのだと思います。

2週間楽しませてもらいました。
ありがとうございます。

☆☆


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月28日 (日)

1Q84 BOOK 1

200906212041000

読み終わりましたが
何と表現したらいいのか?
でも夢中で読んでいました。

読みやすいのは確か、
そして想像をかき立てることも確か。
春樹節の確かさ、
期待感の確かさ。

また一週間
1Q84 BOOK 2 で
楽しめそうです。

☆☆



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

羊をめぐる冒険(上)(下)

200811231345000


200811232134001

いや、まいりましたね。
何とコメントしたらいいのか。
良いのやら、そうでもないのやら。
実際問題、(上)の後半から
読んでいて加速がついたんですよ。
これは面白いなあと。
でも、完璧ではないような。
わけわからないような。
私はある意味、劣等感を感じました。
そうかあ、って。
でもすごい感じはするんですよね。
本当に感覚のみですごいんだろうなって。
そう思わせる作品です。
相変わらず、
理解しようと必至な私がいました。

☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

風の歌を聴け

200811192026000

村上さんの最初の作品。
まずはこれからと言うことで。
なかなか面白い。
少し異次元の感覚を感じました。
理解しようしようとして、
私の頭をフル回転させてくれました。
文章が歯切れが良いので
違和感を感じさせないのが
曲者です。
なかなかのものです。

☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

さだまさし | ノウハウ | パソコン・インターネット | ビートたけし | ベルンハルト シュリンク | 万城目学 | 三上 延 | 三島由紀夫 | 三崎亜記 | 三谷幸喜 | 上村佑 | 上橋菜穂子 | 中原中也 | 中居 真麻 | 中島京子 | 中川淳一郎 | 中村航 | 中脇初枝 | 乃南アサ | 乾 くるみ | 井上由美子 | 井上荒野 | 今野敏 | 伊坂幸太郎 | 佐々木譲 | 佐藤富雄 | 北川歩実 | 北村薫 | 北野武 | 又井健太 | 古賀茂明 | 司馬遼太郎 | 吉田みか | 吉田修一 | 吉田紀子 | 和田竜 | 唯川恵 | 垣根涼介 | 城山三郎 | 堀川アサコ | 堀江貴文 | 堀辰雄 | 夏川草介 | 夏目漱石 | 天童 荒太 | 天野節子 | 太宰治 | 太田光 | 奥田英朗 | 安達千夏 | 宮沢賢治 | 宮部みゆき | 小山田浩子 | 小森薫 | 小池真理子 | 小説 | 山本兼一 | 山本文緒 | 島本理生 | 島田紳助 | 川上弘美 | 川上未映子 | 川北義則 | 川村元気 | 川渕圭一 | 川端康成 | 平山瑞穂 | 平野啓一郎 | 志水辰夫 | 恩田陸 | 文藝春秋 | 新堂冬樹 | 日記・コラム・つぶやき | 曽根 圭介 | 曽野綾子 | 有川浩 | 朝吹真理子 | 木村秋則 | 木皿泉 | 村上春樹 | 村山由佳 | 村田沙耶香_ | 東川篤哉 | 東野圭吾 | 松平豊子 | 松本人志 | 林真理子 | 桂望実 | 桐野夏生 | 桜庭一樹 | 桜木紫乃 | 梨木香歩 | 森浩美 | 森繁和 | 楡周平 | 横山秀夫 | 橋本紡 | 歌野晶午 | 水野敬也 | 江上剛 | 江國香織 | 池井戸潤 | 池波正太郎 | 河原れん | 沼田まほかる | 津村 記久子 | 浅田次郎 | 海堂尊 | 深町秋生 | 渡辺淳一 | 渡邉美樹 | 湊かなえ | 濱 嘉之 | 瀬尾まいこ | 熊谷 徹 | 版画 | 田中慎弥 | 白川道 | 白石一文 | 百瀬しのぶ | 百田尚樹 | 真山仁 | 真野朋子 | 矢月秀作 | 石井妙子 | 石原慎太郎 | 石田衣良 | 磯崎憲一郎 | 神崎京介 | 秋元康 | 秦建日子 | 窪美澄 | 立川志らく | 立川談春 | 筒井康隆 | 篠田節子 | 経済・政治・国際 | 結城充考 | 絲山 秋子 | 綿矢りさ | 芥川龍之介 | 茂木健一郎 | 萩原浩 | 萩生田宏治 | 蓮見圭一 | 藤堂志津子 | 藤本ひとみ | 藤田晋 | 藤野可織 | 衿野未矢 | 西川美和 | 西村賢太 | 角田光代 | 誉田哲也 | 谷村志穂 | 赤染晶子 | 越谷オサム | 辻村深月 | 道尾秀介 | 重松清 | 野沢尚 | 鈴木おさむ | 長岡弘樹 | 長沢樹 | 関口尚 | 雫井脩介 | 青柳孝直 | 青柳恵介 | 青柳碧人 | 首籐瓜於 | 高嶋哲夫 | 高樹のぶ子 | 高野 和明 | 鹿島田真希 | 麻生和子 | 麻生幾 | 齋藤孝