2009年1月25日 (日)

夕映え天使

200901251650000

このシリーズは待ちきれなくて
必ず新刊で読んでます。
浅田さんに敬意を称して!

このシリーズは外れがない。
みな面白いです。
後回しで読もうなんてできません。
今回も昨日買って
1日で読んでしまいました。

感想なんておこがましい。
読書していて
至福を感じたい人は
文庫が出るまで待つ必要はないですね。
どうぞお楽しみください!

☆☆☆


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

草原からの使者―沙高樓綺譚

200901122030000

私はこのシリーズも欠かさず読んでいます。
基本的に浅田作品は読みやすいので、
真っ先に内容の方へ興味が行ってしまいます。
ちょっとつまらなかった短編が1つ
ありましたね、これが残念、
浅田作品でって感じで、
それだけでした。

☆☆


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

憑神

200811242238000

笑いを誘う小説と思いきや
さにあらず。
最後は涙ものです。
クライマックスはすばらしい!
そうなるか!へー!
で、やはり感動です。
命をかけた、一世一代のご奉公。
さすが浅田小説。

☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

はじめての文学

200806112235000

2編ばかり別な本でう読んだ物が
そこがちょっと残念。

でも相変わらずのわかりやすく美しい文章。
私が小説家になるのなら
理想としたい作家です。

浅田さんと出会えて
私も小説家になりたいと思った次第。
早く夢を現実にしたい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 3日 (土)

霧笛荘夜話

200805030538000

久々の浅田作品。
感動ものです。
短編名手って感じ。
もちろん物語はつながっているのだけれども、
何とも言えない雰囲気。
やはり私はこういう感じの小説は大好き!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日)

月のしずく

200705131423000

ちょうど「鉄道員」を書いたときの短編集

本「鉄道員」も感動しましたが

なかなかこの本も感動もの

「月のしずく」「銀色の雨」は圧巻

完全文章の中に引きずり込まれました

浅田さんの作品はみな読みやすい

文章がきれいというか、心地よい

本当に憧れてしまう文章

こういうように書きたいと思わせる文章

私に夢を見させてくれます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

姫椿

200705062150000

浅田さんの短編集

さりげない文章の中に心揺さぶるものがある

浅田さんの作品を読むほどに

自分もこんな文章を書いてみたいと

思いだんだんとつのっていく

小説は想像だけでは書けないと言われる

自分の生きてきたエッセンスがかなり影響すると

ただ書きたいと思って書けるものではない

でも読書だけではなく文章も書いてみたくなるのは

流れとしては必然なのか?

小説との出会いがこのように作用するとは

思っても見なかったこと

私が小説家になれたら

きっと浅田作品が影響を与えたと

コメントしているだろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 3日 (木)

月島慕情

200705032104000_2

どれも泣けます!

どれも感動します!

本当にすばらしい!

絶品の物語!

久々に満腹!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 4日 (土)

鉄道員ぽっぽや

200611031320

これはすごい短編集です!

はじめから涙ぼろぼろ

感動ものです

最後の解説でも書いてありますが

どれをとってもすばらしい!

私は「ぽっぽや」の方が「月下の恋人」より

上と見ています

「月下の恋人」先に読んじゃったからなあ

久々にいい小説に巡りあえました!

もっと早くに見つけるべきでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

月下の恋人

200610292208

新聞広告を見て即ゲット

「これぞ短編!」そそられちゃいました

内容はというと

期待を裏切りません

すごい!という以外ない

今まで読んできたものは何だったのか

この本を読んでいるときの感覚が

今までの私の読んでいるときとちがっていました

何かちがうんだと

何がちがうんだと

一番は決めから引き込まれてしまいました

読者に想像させる

読者に創造させてしまう

だから奥が深くなるのかも

あっという間に読んでしまいました

それだけおもしろかったと言うこと

早速、浅田さんの別のを注文

「メトロに乗って」

「ぽっぽや」

浅田ワールドを堪能してみたいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

さだまさし | ノウハウ | パソコン・インターネット | ビートたけし | ベルンハルト シュリンク | 万城目学 | 三上 延 | 三島由紀夫 | 三崎亜記 | 三谷幸喜 | 上村佑 | 上橋菜穂子 | 中原中也 | 中居 真麻 | 中島京子 | 中川淳一郎 | 中村航 | 中脇初枝 | 乃南アサ | 乾 くるみ | 井上由美子 | 井上荒野 | 今野敏 | 伊坂幸太郎 | 佐々木譲 | 佐藤富雄 | 北川歩実 | 北村薫 | 北野武 | 又井健太 | 古賀茂明 | 司馬遼太郎 | 吉田みか | 吉田修一 | 吉田紀子 | 和田竜 | 唯川恵 | 垣根涼介 | 城山三郎 | 堀川アサコ | 堀江貴文 | 堀辰雄 | 夏川草介 | 夏目漱石 | 天童 荒太 | 天野節子 | 太宰治 | 太田光 | 奥田英朗 | 安達千夏 | 宮沢賢治 | 宮部みゆき | 小山田浩子 | 小森薫 | 小池真理子 | 小説 | 山本兼一 | 山本文緒 | 島本理生 | 島田紳助 | 川上弘美 | 川上未映子 | 川北義則 | 川村元気 | 川渕圭一 | 川端康成 | 平山瑞穂 | 平野啓一郎 | 志水辰夫 | 恩田陸 | 文藝春秋 | 新堂冬樹 | 日記・コラム・つぶやき | 曽根 圭介 | 曽野綾子 | 有川浩 | 朝吹真理子 | 木村秋則 | 木皿泉 | 村上春樹 | 村山由佳 | 村田沙耶香_ | 東川篤哉 | 東野圭吾 | 松平豊子 | 松本人志 | 林真理子 | 桂望実 | 桐野夏生 | 桜庭一樹 | 桜木紫乃 | 梨木香歩 | 森浩美 | 森繁和 | 楡周平 | 横山秀夫 | 橋本紡 | 歌野晶午 | 水野敬也 | 江上剛 | 江國香織 | 池井戸潤 | 池波正太郎 | 河原れん | 沼田まほかる | 津村 記久子 | 浅田次郎 | 海堂尊 | 深町秋生 | 渡辺淳一 | 渡邉美樹 | 湊かなえ | 濱 嘉之 | 瀬尾まいこ | 熊谷 徹 | 版画 | 田中慎弥 | 白川道 | 白石一文 | 百瀬しのぶ | 百田尚樹 | 真山仁 | 真野朋子 | 矢月秀作 | 石井妙子 | 石原慎太郎 | 石田衣良 | 磯崎憲一郎 | 神崎京介 | 秋元康 | 秦建日子 | 窪美澄 | 立川志らく | 立川談春 | 筒井康隆 | 篠田節子 | 経済・政治・国際 | 結城充考 | 絲山 秋子 | 綿矢りさ | 芥川龍之介 | 茂木健一郎 | 萩原浩 | 萩生田宏治 | 蓮見圭一 | 藤堂志津子 | 藤本ひとみ | 藤田晋 | 藤野可織 | 衿野未矢 | 西川美和 | 西村賢太 | 角田光代 | 誉田哲也 | 谷村志穂 | 赤染晶子 | 越谷オサム | 辻村深月 | 道尾秀介 | 重松清 | 野沢尚 | 鈴木おさむ | 長岡弘樹 | 長沢樹 | 関口尚 | 雫井脩介 | 青柳孝直 | 青柳恵介 | 青柳碧人 | 首籐瓜於 | 高嶋哲夫 | 高樹のぶ子 | 高野 和明 | 鹿島田真希 | 麻生和子 | 麻生幾 | 齋藤孝