2015年4月26日 (日)

sex

150426_125630


石田さんの短編集。
エロ小説のようで
そうでないところが
石田さんらしい。
私は変に共感してしまいます。

若い時でも
年をとっても
大切なことだと思います。

もっと頭と体が
柔軟にならなければ
いけないですね。

最近このての本
私が読む事が
多くなってきたかも。
(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月22日 (日)

夜の桃

150201_202734


以前にも
読んでいました。
(笑)
また買ってしまいました。
最近こういうことが多いです。

少し読んで思い出しました。
でもしっかりまた読みました。
頭の疲れを取るには
ちょうど良いかも。
確定申告の準備中
だいぶ助けていただきました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月18日 (水)

コンカツ?

150214_211250


やっぱ本っていいわ!
ここのところ
ネットがつまらなく思えて
なりませんでした。

本はそんじょそこらのものとは
まったく違いますもの
なんたってプロの作品
芸術ですからなのですから。

最近の私の
石田さんへの傾倒ぶりには
絶大な信頼があるようです。

何か小説だけあればいいような
そんな錯覚にもみまわれています。

つまらないことが多すぎて
なおさらそう思えてなりません。

もちろん作品が良いこと
これが大前提ですがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月17日 (火)

ラブソファにひとり

150125_141926


また最近
石田さんにはまっています!
感性がシンクロするって言うか
変に的を射ているというか
とてもやばい感じです。

石田さんの短編
やっぱりすばらしいです!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月30日 (金)

ラブソファに、ひとり

150125_141926


この本で特に
私のお気に入りは
この二点の作品

『ラブソファに、ひとり』
『魔法のボタン』

一番初めと
一番最後

あえてわかっていて
そう配置していたのかとも
(笑)

この前に読んだ
オネスティーもそうでしたが
女性が主導権を握っている
男性が女性に翻弄されている
こういう物語が私は
とても好きなのです。

一時石田さんの作品から
遠ざかってい時期もありましたが
最近は目に付くと買っている有様です。
期待を裏切らないという意味でね。

ところどころに
石田さんには
至極の短編が
ちりばめられているので
見過ごせなくなっています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月11日 (日)

オネスティ

150110_211002


これはやられました!
この作品には
完全に脱帽です!
あくまで小説なのですが
これはありでしょう。
もし超えるものがあるならば
このパターンでしょう。
夢中になりました
そして可能性を
常に感じて読んでいました。
すばらしかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月19日 (日)

坂の下の湖

201401182015000


「坂の下の湖」
石田衣良:著
¥525円(税込み)

お金をかけない
実に良い楽しみ方
読書です。
実に安上がり!

5年前の作品ですが
今でも通じる
先を見越した
センスを感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月25日 (水)

水を抱く

201309221509000


最近は石田作品も
買うようになりました。
一時期はなれたいましたが
ここ続けてまた
読むようになっています。

やはりネットがらみは
抜けませんね。
時代なのでしょう。
リアルな刺激は
好き嫌いが分かれますか?
私は興味もあり
反応もありでした。

ただ後半に近づくと
ちょっと物足りなくなって
しまいましたかね。
そこが残念といえば残出
なところでした。
あえて石田作品ということで
辛口になってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月18日 (火)

余命1年のスタリオン

201306161420000


ここのところ手に取る
石田さんの作品には
目を見張るものがあります。

私がたくさん小説を
読み始めたときに
石田さんのもたくさん読みましたが
時を置いて今読む
石田作品には
何かからをやぶ打った
という表現がとっても似合う
感じがします。

この作品も夢中で読みました
作品の中に同化出来てしまいます。
すばらしかった
感動しました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月23日 (木)

REVERSE リバース

201305191812000


発想の豊かさ
感性の豊かさ
それにつきますね。
良かったです!

型にはまること
まああえて否定することは
ありませんけれども
何事も自由であること
この広がりには
かなうものはありません。

考えることが
豊かであり
自由であること
常にそうでありたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

さだまさし | ノウハウ | パソコン・インターネット | ビートたけし | ベルンハルト シュリンク | 万城目学 | 三上 延 | 三島由紀夫 | 三崎亜記 | 三谷幸喜 | 上村佑 | 上橋菜穂子 | 中原中也 | 中居 真麻 | 中島京子 | 中川淳一郎 | 中村航 | 中脇初枝 | 乃南アサ | 乾 くるみ | 井上由美子 | 井上荒野 | 今野敏 | 伊坂幸太郎 | 佐々木譲 | 佐藤富雄 | 北川歩実 | 北村薫 | 北野武 | 又井健太 | 古賀茂明 | 司馬遼太郎 | 吉田みか | 吉田修一 | 吉田紀子 | 和田竜 | 唯川恵 | 垣根涼介 | 城山三郎 | 堀川アサコ | 堀江貴文 | 堀辰雄 | 夏川草介 | 夏目漱石 | 天童 荒太 | 天野節子 | 太宰治 | 太田光 | 奥田英朗 | 安達千夏 | 宮沢賢治 | 宮部みゆき | 小山田浩子 | 小森薫 | 小池真理子 | 小説 | 山本兼一 | 山本文緒 | 島本理生 | 島田久仁彦 | 島田紳助 | 川上弘美 | 川上未映子 | 川北義則 | 川村元気 | 川渕圭一 | 川端康成 | 平山瑞穂 | 平野啓一郎 | 志水辰夫 | 恩田陸 | 文藝春秋 | 新堂冬樹 | 日記・コラム・つぶやき | 曽根 圭介 | 曽野綾子 | 有川浩 | 朝吹真理子 | 木村秋則 | 木皿泉 | 村上春樹 | 村山由佳 | 村田沙耶香_ | 東川篤哉 | 東野圭吾 | 松平豊子 | 松本人志 | 松本幸四郎 | 林真理子 | 柴崎友香 | 桂望実 | 桐野夏生 | 桜庭一樹 | 桜木紫乃 | 梨木香歩 | 森浩美 | 森繁和 | 楡周平 | 横山秀夫 | 橋本紡 | 歌野晶午 | 水野敬也 | 江上剛 | 江國香織 | 池井戸潤 | 池波正太郎 | 河原れん | 沼田まほかる | 津村 記久子 | 浅田次郎 | 海堂尊 | 深町秋生 | 渡辺淳一 | 渡邉美樹 | 湊かなえ | 濱 嘉之 | 瀬尾まいこ | 熊谷 徹 | 版画 | 田中慎弥 | 白川道 | 白石一文 | 百瀬しのぶ | 百田尚樹 | 真山仁 | 真野朋子 | 矢月秀作 | 石井妙子 | 石原慎太郎 | 石田衣良 | 磯崎憲一郎 | 神崎京介 | 秋元康 | 秦建日子 | 窪美澄 | 立川志らく | 立川談春 | 筒井康隆 | 篠田節子 | 経済・政治・国際 | 結城充考 | 絲山 秋子 | 綿矢りさ | 芥川龍之介 | 茂木健一郎 | 萩原浩 | 萩生田宏治 | 蓮見圭一 | 藍川京 | 藤堂志津子 | 藤本ひとみ | 藤田晋 | 藤野可織 | 衿野未矢 | 西川美和 | 西村賢太 | 角田光代 | 誉田哲也 | 谷村志穂 | 赤染晶子 | 越谷オサム | 辻村深月 | 道尾秀介 | 重松清 | 野沢尚 | 鈴木おさむ | 長岡弘樹 | 長沢樹 | 関口尚 | 雫井脩介 | 青柳孝直 | 青柳恵介 | 青柳碧人 | 首籐瓜於 | 高嶋哲夫 | 高樹のぶ子 | 高野 和明 | 鹿島田真希 | 麻生和子 | 麻生幾 | 齋藤孝