2015年9月28日 (月)

オーダーメイド殺人クラブ

150530_184129


やっと読み終えました。
興味深い作品でした
とっても良かったのですよ
でもスピードが乗らなくて
途中で何度も
浮気をしてしまって
でも読み終わってみれば
さすが辻村さん!
小説ってとっても
面白いですね。

今月はネットの映像に
超はまってしまった月でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 6日 (月)

朝が来る

150621_180457


さすが辻村さん!
さすがとしか
言いようがありません。

良かったです!

小説とは
こういうものです。

書くのが前後していますが
火花
とは段違いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 8日 (日)

ハケンアニメ!

150222_120149


読むほどに
加速度がついてきて
夢中になってしまいました!
すばらしかった!
愉しかった!

これは私が
ふと感じたことですが
有川さんの小説を
読んでいるような錯覚に
陥りました。

それにしても
楽しませてもらいました。
ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月17日 (火)

ふちなしのかがみ

150102_150943


ちょっと期待はずれ
でも中には
お~~~!って
お話もあったりして
まあ一応これで
辻村さんの追っかけは
ひといきって所でしょうか。

でも期待しておりますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 2日 (金)

本日は大安なり

141214_221517


新年しょっぱなのアップです。
なにかって言うと
事務仕事の合間には
チョコチョコ読んではおりました。

まあこしすえて読むことが出来なくて
とても残念には思っておりにした。

やっぱり読書はいいです!

テレビを見る代わりに
あいまでの読書
もうこれが板についてきました。

またこの本は
私の想像をいとも簡単に
そらしてくれているところが
実に小気味よく良かったです。
すばらしいの一言。

去年の後半からは辻村さんにはまって
辻村さんに明け暮れた感じでした。
お気に入りの作家さんとめぐり合える
これほどエキサイティングなことは
ありませんね。

これからも辻村さんを
追いかけていきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月23日 (日)

凍りのくじら

141102_124832


すごいです!
堪能いたしました!
やはり辻村さんは
外せない存在になりました。
そして常に共有できる
部分のある作家さんです。
これからも追いつづけます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月16日 (日)

家族シアター

141102_124922


とってもよかった~~~!
辻村さんの感性が
すんなり私に届きます。
受け止められます。
こういう本を読めたこと
とても楽しく嬉しいこと。

そして最後の作品は
今平行して読んでいる
『凍りのくじら』
につながっていることに
驚きを隠せませんでした。

感性が時を超越していると。
そう思えてしまいました。
もちろん当たり前でもありますけれど
作者にはそのテイストが常に
あるのですからね。

でも不思議さを感じました。
感性が共鳴すること。
感性の不思議さ。
すごいと思いました!

読み終わってとっても
よい気分になれました。
この本に感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月29日 (水)

ツナグ

201409140032001


やっぱり辻村さんは
すごいです!
最後の方では
畳み掛けるような感動
すばらしい作品でした。
これからも私の中での
追いかける作家の中に
加えさせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月12日 (日)

太陽の坐る場所

201409140032000


登場人物の把握が
やっと最後に出来ました。
そんなことに
迷ってしまったことが
情けなく残念でした。
同窓会の内輪の感情が
垣間見れたのが
勉強になりました。
それも女性の視点から。
とても興味深かったです。
映画も観てみたいかも
そんなようにも思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 5日 (日)

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ

201409140032002


これもとても良かったです!
辻村さんの作品は
私の波長に合う
のかもしれません。

もうこの言葉に尽きますね。

私的にはどことなく
辻村さんは有川さんに
通じるところがあるように
感じてしまいます。

全く違うのですけれどもね。

後2冊辻村さんの
ストックがあります。
さっそく読み始めています。

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ
の意味がわかった時には
こみ上げてくるものがありました。

女性心理描写が特に
すばらしい作品だと
思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

さだまさし | サタミシュウ | ノウハウ | パソコン・インターネット | ビートたけし | ベルンハルト シュリンク | 万城目学 | 三上 延 | 三島由紀夫 | 三崎亜記 | 三谷幸喜 | 上村佑 | 上橋菜穂子 | 中原中也 | 中居 真麻 | 中島京子 | 中川淳一郎 | 中村航 | 中澤日菜子 | 中脇初枝 | 乃南アサ | 乾 くるみ | 井上由美子 | 井上荒野 | 今野敏 | 伊坂幸太郎 | 佐々木譲 | 佐藤富雄 | 北川歩実 | 北村薫 | 北野武 | 原宏一 | 又井健太 | 又吉直樹 | 古賀茂明 | 司馬遼太郎 | 吉田みか | 吉田修一 | 吉田紀子 | 和田竜 | 唯川恵 | 垣根涼介 | 城山三郎 | 堀川アサコ | 堀江貴文 | 堀辰雄 | 夏川草介 | 夏目漱石 | 大石圭 | 天童 荒太 | 天野節子 | 太宰治 | 太田光 | 奥田英朗 | 安達千夏 | 宮木あや子 | 宮沢賢治 | 宮部みゆき | 小山田浩子 | 小森薫 | 小池真理子 | 小説 | 山本兼一 | 山本文緒 | 島本理生 | 島田久仁彦 | 島田紳助 | 川上弘美 | 川上未映子 | 川北義則 | 川村元気 | 川渕圭一 | 川端康成 | 平山瑞穂 | 平野啓一郎 | 志水辰夫 | 恩田陸 | 文藝春秋 | 新堂冬樹 | 日記・コラム・つぶやき | 曽根 圭介 | 曽野綾子 | 有川浩 | 朝吹真理子 | 木村秋則 | 木皿泉 | 村上春樹 | 村山由佳 | 村田沙耶香_ | 東川篤哉 | 東野圭吾 | 松平豊子 | 松本人志 | 松本幸四郎 | 林真理子 | 柴崎友香 | 桂望実 | 桐野夏生 | 桜庭一樹 | 桜木紫乃 | 梨木香歩 | 森浩美 | 森繁和 | 楡周平 | 横山秀夫 | 橋本紡 | 歌野晶午 | 水野敬也 | 江上剛 | 江國香織 | 池井戸潤 | 池波正太郎 | 河原れん | 沼田まほかる | 津村 記久子 | 浅田次郎 | 海堂尊 | 深町秋生 | 渡辺淳一 | 渡邉美樹 | 湊かなえ | 濱 嘉之 | 瀬尾まいこ | 熊谷 徹 | 版画 | 田中慎弥 | 白川道 | 白石一文 | 百瀬しのぶ | 百田尚樹 | 真山仁 | 真野朋子 | 矢月秀作 | 石井妙子 | 石原慎太郎 | 石田衣良 | 磯崎憲一郎 | 神崎京介 | 秋元康 | 秦建日子 | 窪美澄 | 立川志らく | 立川談春 | 筒井康隆 | 篠田節子 | 経済・政治・国際 | 結城充考 | 絲山 秋子 | 綿矢りさ | 芥川龍之介 | 花房観音 | 茂木健一郎 | 萩原浩 | 萩生田宏治 | 蓮見圭一 | 藍川京 | 藤堂志津子 | 藤本ひとみ | 藤田晋 | 藤野可織 | 衿野未矢 | 西川美和 | 西村賢太 | 角田光代 | 誉田哲也 | 谷村志穂 | 赤染晶子 | 越谷オサム | 辻村深月 | 道尾秀介 | 重松清 | 野沢尚 | 鈴木おさむ | 長岡弘樹 | 長沢樹 | 関口尚 | 雫井脩介 | 青柳孝直 | 青柳恵介 | 青柳碧人 | 額賀澪 | 首籐瓜於 | 高嶋哲夫 | 高樹のぶ子 | 高野 和明 | 鹿島田真希 | 麻生和子 | 麻生幾 | 齋藤孝