« 僕は何度でもきみに初めての恋をする。 | トップページ | 奪う太陽、焦がす月 »

2017年5月25日 (木)

アキラとあきら

170521_135826


これは面白かった!
700ページの分厚い文庫
でもなんら気にならなかったです
夢中で読みました。

面白い出来事として
今までネットで
映画やドラマにあんなにも
夢中になっていたのに
この本を読み出したら
全く観たいと思えなく
なってしまったのです。

途中ちょっと観たら
あ~、何かつまんない。
って言っている始末
これでまた本に
戻るのかなあとね。

でも本に夢中になるには
やはりそれなりの
本でなければ駄目なわけで
そういう本に出合えなければ
また映画やドラマに
戻ってしまうのかも。

でもず~っと本を読んでいて
頭の中で想像の世界に
ひたっていたいとこれほど
思った事はありませんでした。

それほどこの作品は
良かったなあとね。


|

« 僕は何度でもきみに初めての恋をする。 | トップページ | 奪う太陽、焦がす月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11485/65325195

この記事へのトラックバック一覧です: アキラとあきら:

« 僕は何度でもきみに初めての恋をする。 | トップページ | 奪う太陽、焦がす月 »