« 最初のオトコはたたき台 | トップページ | 花酔い »

2012年2月20日 (月)

共食い

201201272032000


短編です。
よくありがちなことで
芥川賞作品はどうも
読み辛い感があるということ。

興味があって
常に向き合うつもりで
挑みますがはじかれる
というかなじめない
だから芥川賞なのかなあとも。

今回も川辺の一場面ということ
キャラもそれぞれ立たせているし
行為内容の興味を引く場面も
所々にありますが
どうも読みづらい。

読む楽しみを
阻害しているわけでは
ないのでしょうが
そうなりがちなのか?
いやいやまだ
こなれていないのかとも。

必ずといっていいほど
この時期、このタイミング
読み始めるけれども
浮気をしてしまいます。

今回も
林さん、東野さん、村山さん
あえて私を作品から
遠のいてしまう行為に
走らせてしまっています。

そんな感じを
私がどう今後
折り合いをつけていくのか
という課題興味を残してくれます。

こういう思考のぶれも今後は
楽しみいつくしまなければ
いけないのかもしれませんね。

201202060701000


次にこれなどを読んで
検証してみたい興味は
まだありますけれども。


|

« 最初のオトコはたたき台 | トップページ | 花酔い »

コメント

芥川賞で疲れたら、被災地のこころを表現したあがさクリスマスの「荒野の月」本の泉社を読んで見てください!
涙がとまらないかも…?

投稿: さすらいの旅人 | 2012年2月26日 (日) 11時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11485/54029585

この記事へのトラックバック一覧です: 共食い:

« 最初のオトコはたたき台 | トップページ | 花酔い »