« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月27日 (水)

セレブの常識・非ジョーシキ

200905270537000

手元に置いて
常に読んで
心にとめておきたい本。
教養のたしなみです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月25日 (月)

延長戦に入りました

200905162208000

奥田さんのだから
期待していたんですが。
私的には
期待はずれ。

読むのが辛くなって
投げ出してしまいました。

こういう事もあるんですね。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウェブはバカと暇人のもの

200905242223000

最近、私が思っていたこと感じていたことを
うまく整理して表現してくれた本です。

最後の所の文章が
ネットを言いあてています。

ネットは進化しないし、
ネットはあなたの人生を変えない、
ネット敗北宣言。

おっしゃるとおりです!

☆☆



| | コメント (0) | トラックバック (0)

青山娼館

200905172353000

小池作品には自殺がつきものですが
変な感じはありませんね。
ある意味、自然なことかとも。

人間対人間の物語は
私がやはり一番好で読みたいところ。
そこを綺麗に美しく読ませてもらえる。
それが小池さんの魅力かも。

題名からは別な期待も
先入観で持ちました。
導入部分が少し長めで
ちょっと間延びした感じでしたが
でも相変わらずの文章。
恐れ入ります。

小説の醍醐味は
変に現実からかけ離れすぎていないこと。
ありうる可能性との狭間の
距離感が微妙な所。

夢に出てきてもらいたいストーリー。
でも現実的にもありなのでは?
こんな微妙なところが良いですね。

☆☆



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

向日葵の咲かない夏

200905061318000

ランキング一位の本。
でも私はそんなに面白いとは思いませんでした。
ある意味、くだらなかったとも。
つまらなかったです。
こういう小説に興味を示せなくなってしまったとも。

しょうがないですね
私は私ですから。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

風の男 白洲次郎

200905061954000

白州次郎、
憧れました。
実にカッコいい。
私はカッコいい人が大好き。
そしてお金持ちには憧れます。
外見と中身と実力。

読んでいて楽しかったです。
こういう伝記物は実に良いです。
自分の糧になります。

私も頑張ろうと思いました。

☆☆



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

おそめ―伝説の銀座マダム

200905051833000

私はこういう本が大好きです。
おそめさんにいって、会ってみたかった!
京都、銀座、白州次郎、バー、
これらのキーワードには
ワクワクしてしまいます。

読んでいて楽しかったです。

☆☆


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

氷の華

200904291337001

人間描写が面白かったです。

豊かな生活の中で妙な自信を持ち
自分の価値観で品定めをして
付き合う相手を限定する
典型的な高級志向の人間。

このところが印象に残りました。

物語も2転3転あって
後半になればなるほど
面白くなっていきます。

なるほど自費出版から
ドラマ化までの話題性まで
駆け上がっていった作品、
うなずける感じがします。

☆☆☆



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »